訳あり梨を有効活用!サンクトガーレンの和梨のヴァイツェン

和梨のヴァイツェン ビール関連ニュース

和梨のヴァイツェン

サンクトガーレン有限会社は、2022年9月22日(木)から和梨のヴァイツェンの限定販売を開始します。

和梨のヴァイツェンは、傷がついてしまったり、形がきれいでなかったりして流通させることができない梨などを使用したフルーツビール。日本の酒税法でビールと表記できる基準以上の梨を使用しているため、麦芽比率は50%以上ですが、酒税法上は発泡酒となっています。

和梨のヴァイツェンはサンクトガーレンのオンラインショップをはじめ、一部百貨店・酒販店で購入可能です。

スポンサーリンク

流通させることのできない「訳あり梨」を買い取り

和梨

和梨のヴァイツェンは、「訳あり梨」を使用している限定ビール。梨の表面に傷がついて見た目が悪くなってしまったり、いびつな形になってしまったりした梨などを使用しています。蜜症と呼ばれる症状が表れる梨などは特有の食感は失われますが、味には問題がないため、こういった梨はジュースやゼリーなどに加工されることが多くなっています。

和梨

サンクトガーレンは「訳あり梨」を買い取ってビールに使用することで、生産者にとっては収入にならなかった梨を売ることができ、双方ともメリットのある取り組みを行っています。

梨の甘いフレーバーが特徴的なヴァイツェン

和梨

和梨のヴァイツェンのビアスタイルはドイツ発祥のヴァイツェン。ヴァイツェンは小麦麦芽を多く使用しており、ヴァイツェン酵母によるフルーティーなフレーバーが特徴です。

そのヴァイツェンに「訳あり梨」を加えました。梨は、細切れ、ペースト状、ジュースに加工したものを3段階に分けて使用しています。梨の甘いフレーバーが感じられるビールに仕上がっています。

和梨

和梨のヴァイツェンは、2022年9月22日(木)より本厚木駅北口すぐの直営タップルームにて樽の提供を開始します。2022年9月30日(金)~10月16日(日)に横浜赤レンガ倉庫で開催される「横浜オクトーバーフェスト」でも提供予定です。

また、和梨のヴァイツェンのボトルは、2022年10月中旬頃からサンクトガーレンのオンラインショップなどで販売開始される予定です。

DATA

和梨のヴァイツェン

和梨のヴァイツェン
ビアスタイル:フルーツビール(発泡酒)
原材料:麦芽、ホップ
副原料:
アルコール度数:5.5%

投稿者プロフィール

ビールライター。法政大学社会学部卒業後、出版社でライター・編集者として雑誌・書籍の制作に携わる。その後、中国留学、英字新聞社ジャパンタイムズ勤務を経てビールライターとして活動中。日本ビアジャーナリスト協会主催のビアジャーナリストアカデミー講師も勤める。著書『教養としてのビール』(サイエンス・アイ新書)など。

執筆・監修・出演など、お仕事のご依頼はお問い合わせフォームからご連絡ください。

著者:富江 弘幸
ビール関連ニュース
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました