北海道上富良野町でソラチエース生産拡大!国産の使用量アップを目指す

ソラチエース

スポンサードリンク


LINEで送る
Pocket

サッポロビール株式会社は、サッポロ SORACHI1984にも使われているホップである、ソラチエースの生産拡大を目指した取り組みを開始したと発表しました。

ソラチエースはサッポロビールが育種し、1984年に品種登録されたホップ。ヒノキやレモングラスのような香りが特徴で、日本産ながら海外で人気となり、国内でもサッポロビールがソラチエースだけを使用したサッポロ SORACHI1984を販売するようになりました。

ただ、サッポロ SORACHI1984に使用しているソラチエースは、大部分がアメリカ産。サッポロビールは、このうちの国内産ソラチエースの使用量アップを目指し、ソラチエースの生産拡大を進めています。

いつか国産ソラチエース100%のビールを

ソラチエース

サッポロビールは、2019年9月から同社の北海道原料研究センターでソラチエースの苗の増殖に着手。2020年6月29日には、北海道上富良野町にある生産者の畑で苗の植え付けを始めました。別の品種のホップをソラチエースに植え替えることで、生産拡大を進めています。

ソラチエース

このソラチエースは、2021年から収穫を開始し、2022年に450kg程度の収穫を予定。2020年4月には、北海道上富良野産ソラチエースの使用比率をアップするリニューアルを行いました。

サッポロビールは、「日本生まれのホップだからこそ、日本の生産者が育てたソラチエースを使ったビールを造りたい」という思いを持って、国産ソラチエースを100%使用したビールを造ることを目標としています。

ソラチエースの歴史について知りたい方は、下記の動画もご覧ください。

 

LINEで送る
Pocket