モダンな魚屋sakana baccaで魚と合うビール「サカナトエール」を販売!

サカナトエール



都内に魚屋sakana bacca(サカナバッカ)を6店舗展開する株式会社フーディソンは、2021年1月9日(土)よりサカナトエールの販売を開始すると発表しました。

サカナトエールは、石川県のわくわく手づくりファーム川北が造る金沢百万石ビールのラインナップの中から、魚と合うということでアンバーエールを選びsakana bacca仕様にラベリングしたもの。

sakana bacca中目黒、sakana bacca都立大学、sakana bacca中延の3店舗にて販売されます。

サカナトエールは魚と合わせやすいアンバーエール

サカナトエール

サカナトエールは、魚と一緒に食卓に並べてもらいたい、魚の隣にあるようなイメージを訴求したいということで名付けられました。使用している麦芽の9割以上は、わくわく手づくりファーム川北のある石川県能美郡川北町で収穫されたもの。

一般的なラガービールは魚の生臭さを強調させるため、魚と合うビールとしてアンバーエールを選定。金沢百万石ビールのアンバーエールをsakana bacca仕様にラベリングしています。

わくわく手づくりファーム川北の麦畑

魚屋をモダンにアップデートするsakana bacca

サカナトエールを販売するsakana baccaは、株式会社フーディソンが都内に6店舗(中目黒、都立大学、中延、エキュート品川、二子玉川、五反田)を展開する魚屋。

sakana bacca

同社は、日本の豊かな「魚食」の文化を一般の方にも広く伝えたいという思いがあり、sakana baccaは、街の魚屋をモダンにアップデートすることで、食べておいしいだけではなく、魚を知り、体験できるお店作りを目指しています。東京ではあまり流通していない魚や鮮度のいい魚を仕入れています。

サカナトエールを販売する店舗は、sakana bacca中目黒、sakana bacca都立大学、sakana bacca中延の3店舗。2021年1月9日(土)から販売開始しています。

DATA

サカナトエール

サカナトエール
ビアスタイル:アンバーエール
アルコール度数:5%

地域とビール

「地域とビール」とは

2020年4月1日