廃棄間近のパンを発泡酒に!横浜高島屋の環境に配慮した新しい取り組み

この記事は約2分で読めます。

横浜高島屋は、廃棄間近のパンを原料とした発泡酒RE:BREADを8月18日(水)から販売開始します。

横浜高島屋は、地下食料品<Foodies’ Port2>ベーカリースクエアにて、売れ残り間近の商品の冷凍販売や廃棄商品の堆肥化による循環型農業への参画など、環境に配慮した取り組みを行ってきました。

発泡酒RE:BREADは、横浜高島屋の新しい取り組みとしてON TAP 江戸東京ビールにて醸造したもの。横浜高島屋の地下食料品<Foodies’ Port2>和洋酒売場とベーカリースクエアにて販売します。

スポンサーリンク

横浜高島屋のRE:BREADとは?

RE:BREAD

RE:BREADは、原料となる麦の23%をパンで代用した発泡酒です。

それを販売する横浜高島屋の地下食料品<Foodies’ Port2>ベーカリースクエアは、2021年3月のオープン以来、約40ブランド500種類以上のパンを扱ってきた、パンのセレクトショップ。1日に1万個以上を販売するだけでなく、売れ残り間近の商品の冷凍販売や廃棄商品の堆肥化による循環型農業への参画など、環境に配慮した取り組みを行ってきました。

RE:BREAD

RE:BREADは、横浜高島屋の新たな取り組みのひとつとして企画されたもので、日々発生するロスパンを乾燥させて細かく砕き、糖化の工程で麦と一緒に加熱して造られたもの。スタイルはホワイトエールで、苦味の少ない味わいとなっています。

醸造は、2018年に江東区で創業したON TAP 江戸東京ビールが担当。1本(330ml)693円での販売になります。

RE:BREADの商品情報

RE:BREAD

RE:BREAD
価格:1本(330ml)693円

タイトルとURLをコピーしました