ビール用語事典

アルトとは

あると【アルト】 ドイツのデュッセルドルフが発祥の上面発酵のビール。 下面発酵であるラガーよりも前から造られており、古いという意味の「アルト」(alt)と名づけられた。
ビール用語事典

フレッシュホップとは

ふれっしゅほっぷ【フレッシュホップ】 収穫したばかりのホップ。 収穫後に熱乾燥などの加工をしないホップや、収穫後すぐに冷凍作業などを行うことでフレッシュな香りなどが失われていないホップ。ブルワリーや団体によって定義が異なる場...
ビール用語事典

ヘイジーとは

ヘイジーとはビールの濁りのこと。ヘイジーIPAなどの濁りのあるビールを指すことが多い。ヘイジーIPAとは、アメリカのニューイングランド地方で、2016年頃から造られ世界中に広まっていったスタイル。ジューシーIPAやニューイングランドIPAなどとも呼ばれる。
ビール用語事典

酵母とは

こうぼとは、糖分からアルコールと二酸化炭素などを作り出す微生物のこと。単細胞の真菌類に属する。ビール醸造に用いられる酵母は、エール酵母(上面発酵酵母)やラガー酵母(下面発酵酵母)が代表的。
ビール用語事典

ベルギービールとは

べるぎーびーる【ベルギービール】 ベルギーで造られるビールの総称。 野生酵母で造られるランビックやカトリックのトラピスト修道会(厳律シトー修道会)の修道院で造られるトラピストビールをはじめ、他の国ではあまり見られないビール文...
ビール用語事典

トラピストビールとは

トラピストビールとは、カトリックのトラピスト修道会(厳律シトー修道会)の修道院で造られているビールのうち、国際トラピスト会修道士協会(International Trappist Association)で認められた13の修道会が造るビール。
ビール関連ニュース

訳あり梨を有効活用!サンクトガーレンの和梨のヴァイツェン

サンクトガーレン有限会社は、2020年10月15日(木)から和梨のヴァイツェンの限定販売を開始します。和梨のヴァイツェンは、傷がついてしまったり、形がきれいでなかったりして流通させることができない梨などを使用したフルーツビール。日本の酒税法でビールと表記できる基準以上の梨を使用しているため、麦芽比率は50%以上ですが、酒税法上は発泡酒となっています。
ビール用語事典

ピルスナーとはどんなビール?味の特徴と飲んでおきたい銘柄を紹介!

ピルスナーとはビアスタイル(ビールの種類)のひとつ。世界で最も飲まれているスタイルで、ビールと聞いてピルスナーを思い浮かべる人は多いでしょう。ピルスナーとはどんなビアスタイルなのか、どんな料理に合わせればいいのか、適したグラスは何かについて解説します。
インタビュー

【1万字インタビュー】コロナ禍の遠野でビールの里プロジェクトはどう動いた?

日本随一のホップ生産地である岩手県遠野市の「ビールの里プロジェクト」はどのようにコロナ禍に対応したのか?ビールの里プロジェクトのプロデュースを担当している株式会社BrewGoodの田村淳一さんと上西尚宏さんに話を聞きました。
インタビュー

まちづくりではなくみちづくり。大森山王ビールが地域のみちをつくり出す

2020年8月8日、東京・大森のウィロード山王商店街(大森柳本通り商店街)に、大森山王ブルワリーのビールスタンドがオープン。大森山王ブルワリーの企画・販売を行っているMobilExSchool合同会社代表の町田佳路さんに話を聞きました。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました