タップ・マルシェでMURAKAMI SEVEN IPAが通年販売開始!日本産ホップ使用

MURAKAMI SEVEN IPA

スポンサードリンク


LINEで送る
Pocket

スプリングバレーブルワリー株式会社は、MURAKAMI SEVEN IPAをキリンビールが展開するTap Marché(タップ・マルシェ)にて、2020年6月22日(月)から通年で販売します。また、6月18日(木)には、キリンオンラインショップDRINXでも販売開始し、スプリングバレーブルワリーの東京、横浜、京都の各店舗でも提供を開始します。

MURAKAMI SEVEN IPAは、元キリンホールディングス株式会社R&D本部 酒類技術研究所 主幹研究員である村上敦司氏が育種したホップ、MURAKAMI SEVENを使用したIPA。イチジクやミカンを思わせる香りが特徴です。

ホップ博士が育種したホップ、MURAKAMI SEVEN

MURAKAMI SEVEN IPAは、元キリンホールディングス主幹研究員の村上氏が育種したMURAKAMI SEVENというホップを使用。MURAKAMI SEVENはホップの品種の中でも希少なもので、海外産ホップにはないイチジクのような香りを出すのが特徴です。

キリンビールは、日本産ホップの産地を守るため、ホップの代表的な産地である岩手県遠野市と連携し、毎年一番搾り とれたてホップ生ビールを発売。MURAKAMI SEVENやIBUKIといった日本産ホップの育種・開発も行っています。

そのMURAKAMI SEVENを使ったMURAKAMI SEVEN IPAは、2019年7月にもタップ・マルシェで数量限定販売。今年からはタップ・マルシェにて通年で販売されることになります。

なお、スプリングバレーブルワリー東京、横浜、京都の各店舗とキリンオンラインショップDRINXでは、数量限定販売となります。

DATA

MURAKAMI SEVEN IPA

京都YOSANO IPA~天然酵母ver.~
ビアスタイル:IPA
原材料:麦芽(外国製造又は国内製造(5%未満))、ホップ
アルコール度数:5.5%

LINEで送る
Pocket