中止の川越まつりを応援!川越産の米を使ったCOEDO祭エール

祭エール



LINEで送る
Pocket

コエドブルワリー(株式会社協同商事)は、2021年2月15日からCOEDO祭エール-Matsuri Ale-を発売します。

このビールは、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により中止となった川越まつりを応援するためのビール。売上の一部を次年度の開催のために川越市に寄付するとしています。

また、コエドブルワリーは、川越まつりを第1弾として、全国各地で中止となってしまったお祭りを応援するため「COEDO MATSURI YELL PROJECT(コエド・祭り・エール・プロジェクト)」を始動。今後、特別なビールを醸造していく予定です。

川越まつり復活を祈念するCOEDO祭エール-Matsuri Ale-

COEDO祭エール-Matsuri Ale-は、コエドブルワリーの地元である川越の川越まつりが中止になってしまったことを受け、川越まつりの応援するために造られたビール。

川越まつりは、ユネスコ無形文化遺産にも指定されている川越の伝統ある祭りで、毎年10月の第3日曜日とその前日に行われています。2005年にも、川越氷川祭の山車行事として 国指定重要無形民俗文化財にも指定されています。

しかし、令和2年度川越まつりは、新型コロナウイルス感染症拡大の影響によって中止に。このビールの売上の一部は、次年度の開催のために川越市に寄付される予定です。

川越産の米を使用したペールエール

COEDO祭エール-Matsuri Ale-

COEDO祭エール-Matsuri Ale-は、明るく淡い黄金色のペールエール。すっきりとした飲み口ににクリーンな苦味が特徴で、バランスのとれた味わいに仕上がっています。麦芽とホップに加えて、埼玉県川越市産の米を副原料として使用。

全国の酒販店、飲食店にて販売予定です。取り扱い店舗については、随時コエドブルワリーのウェブサイトに掲載されます。

COEDO MATSURI YELL PROJECTが始動

COEDO MATSURI YELL PROJECT

 

コエドブルワリーでは、今回のCOEDO祭エール-Matsuri Ale-を第1弾として、COEDO MATSURI YELL PROJECT(コエド・祭り・エール・プロジェクト)を始動。全国各地で中止となってしまった祭りを応援するために、各地の米を使ったビールを醸造していく予定です。

DATA

COEDO 祭エール-Matsuri Ale-

COEDO 祭エール-Matsuri Ale-
ビアスタイル:ペールエール
アルコール度数:5%

COEDOBREWERY THE RESTAURANT

コエドビールの醸造所併設レストランCOEDOBREWERY THE RESTAURANTオープン

2020年7月22日
LINEで送る
Pocket