AJB Co.と三菱UFJ信託銀行の共創!データと廃棄予定作物で創るビールとは?

Dprime lab #01 AJB Co. × Dprime ビール関連ニュース

三菱UFJ信託銀行株式会社は、個人ユーザーのデータ提供によって企業と社会課題解決に資する商品を共創するプロジェクト「Dprime Lab」を、2022年4月6日(水)から開始します。

その第1弾は、AJB Co.との「あなたのデータと廃棄予定作物で創る新感覚クラフトビール」である「WASTE 2 BEER」の開発。「Dprime」を通じて個人ユーザーから提供される多様なデータをもとに味の調整を行い、4種類のビールを開発するだけでなく、廃棄予定作物の活用を通じて、フードロス削減にも取り組みます。

スポンサーリンク

三菱UFJ信託銀行の「Dprime」とは?

三菱UFJ信託銀行の「Dprime」とは、パーソナルデータを管理・運用する情報銀行サービスです。そこから生まれたプロジェクトが「Dprime Lab」。「Dprimeアプリ」を利用している個人ユーザーと企業が、社会課題解決に向けた商品・サービスをともに創るプロジェクトです。

個人ユーザーは、データを提供することでプロジェクトに参画し、自身のデータから商品が生まれる体験ができます。企業は、当該プロジェクトを通して、ユーザー視点での商品・サービスを生み出せるだけでなく、その商品・サービスが持つ社会的な意味・想いをユーザーと共有することが可能です。

AJB Co.とともにデータと廃棄予定作物で創る新感覚クラフトビール

そのプロジェクトの第1弾は、AJB Co.との「あなたのデータと廃棄予定作物で創る新感覚クラフトビール」である「」開発。このプロジェクトに参加するには、Dprimeアプリをダウンロードして、自分のデータを登録し、AJB Co.のオファーに応諾します。
アプリは下記からダウンロードできます。

Dprime lab #01 AJB Co. × Dprime

なお、このプロジェクトの流れは下記のとおりです。

  1. Dprimeでプロジェクト参加者募集開始(4月)
  2. 「あなたのデータ」× 「廃棄食材」でつくるビールのパイロット版作成(6月予定)
    ※プロジェクト参加者の中から抽選で600名に配送し、実際に4種のビールを飲み比べ
  3. 完成披露イベント(8月予定)
  4. 販売開始(8月以降予定)

販売開始された「WASTE 2 BEER」の詳細については、下記の記事をご覧ください。

AJB Co.と三菱UFJ信託銀行のWASTE 2 BEERが販売開始
三菱UFJ信託銀行株式会社のプロジェクト「Dprime Lab」第1弾の「WASTE 2 BEER」が、2022年10月14日から販売開始されました。Dprime Labは、個人ユーザーのデータ提供によって企業と社会課題解決に資する商品を共...

三菱UFJ信託銀行株式会社 Dprime担当 中田優心のコメント

三菱UFJ信託銀行株式会社 Dprime担当 中田優心

個人の嗜好や属性も然り、Dprimeに集まるデータには、さまざまな個性があります。その皆さんの味覚や好みに寄り添った商品作りがしたいと、「Dprime Lab」というプロジェクトを立ち上げました。そういった商品開発に情熱を注がれていたのが、今回のパートナーであるAJBさんです。多様なユーザーデータをもとに、レシピを調整していくなど、今までにないクラフトビールが造れるのではないかと考えています。ビールが好きな方も、苦手意識がある方もご参加いただきながら、ご自身に合う一杯を、この機会に見つけていただけたら嬉しいです。

一般社団法人530(ゴミゼロ) 廃棄予定食材リサーチ担当 中村元気のコメント

一般社団法人530(ゴミゼロ) 廃棄予定食材リサーチ担当 中村元気

ビールを美味しく飲むだけでは、フードロスに対する根本的な解決には至らないかもしれません。まずは、今回のプロジェクトや開発過程について、多くの方々に知ってもらうこと。私たちが意図するところは、そこにあります。自分自身の暮らしや仕事の在り方、今後について見つめ直すことで、問題解決につながる機会や可能性が生まれます。アップサイクルされたクラフトビールを美味しくいただきながら、皆さんの生活の中に小さなアクションを起こしていく、そういったきっかけのひとつになれたらいいなと思っています。

AJB Co. 創業者 開発担当 トーマス リヴシーのコメント

AJB Co. 創業者 開発担当 トーマス リヴシー

クラフトビールには、造る側と飲む側が同じ商品を媒体にして、「この味はどうだ」とか、「どのように造られている」だとか、あらゆる情報をシェアするコミュニティが自然と形成されていく面白さを持ち合わせています。「Dprime Lab」では、商品開発の過程を楽しみながら、参画いただく方々とやり取りを交えることができる新しい試みだと思います。環境問題に配慮した美味しいビールを造り上げるプロセス、その上で生まれるコミュニティを一緒に盛り上げていきたいですね。ぜひたくさんの方にご参加いただけたら、私たちも嬉しいです。

AJB Co.の新しいチャレンジ

2014年1月に野沢温泉で創業したAJB Co.は、2022年4月には横浜・馬車道にクラフトビール醸造所・蒸留所・飲食店を統合した新拠点「里武士・馬車道」を開業。ここでさらに実験的なレシピ開発やクリエイティブなビール造りを行うのに加えて、今回のプロジェクトはAJB Co.にとっての新しいチャレンジといえるかもしれません。

大半の原料が野沢温泉産のNozawa White(野沢ホワイト)!オーソドックスなベルジャンホワイト
#今日のビール はAJB Co.のNozawa White(野沢ホワイト)です。 こちらのビールはふるさと納税の返礼品として入手したもの。白・黒・緑の3種類が2本ずつもらえるもので、今回飲んだのはそのうちの白。ちなみに、緑の野沢IPAと醸造
Nozawa IPA(野沢IPA)をふるさと納税でゲット!クオリティの高いIPA
#今日のビール はAJB Co.のNozawa IPA(野沢IPA)です。 AJB Co.(Anglo Japanese Brewing Company、アングロジャパニーズブルーイングカンパニー)は、2014年にイギリス人のトム・リヴシー
投稿者プロフィール

ビールライター。法政大学社会学部卒業後、出版社でライター・編集者として雑誌・書籍の制作に携わる。その後、中国留学、英字新聞社ジャパンタイムズ勤務を経てビールライターとして活動中。日本ビアジャーナリスト協会主催のビアジャーナリストアカデミー講師も勤める。著書『教養としてのビール』(サイエンス・アイ新書)など。

執筆・監修・出演など、お仕事のご依頼はお問い合わせフォームからご連絡ください。

著者:富江 弘幸
ビール関連ニュース
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました