プロフィール:富江弘幸

この記事は約3分で読めます。

富江 弘幸(とみえ・ひろゆき)

ビールライター。1975年東京生まれ。法政大学社会学部社会学科卒業。卒業後は出版社・編集プロダクションでライター・編集者として雑誌・書籍の制作に携わる。その後、中国留学を経て、英字新聞社ジャパンタイムズに勤務。現在はウェブ、紙を問わずさまざまな媒体で記事を執筆している。日本ビアジャーナリスト協会のビアジャーナリストアカデミー講師も務める。著書に『教養としてのビール』(SBクリエイティブ、サイエンス・アイ新書)など。

著書

出演

TBSラジオ FM90.5 + AM954~何かが始まる音がする~
ラジオ放送局「TBSラジオ」のサイト。TBSラジオの周波数は。PCやスマートフォンではradiko(ラジコ)でもお聴きになれます。全国のラジオ34局ネットワークJRN(JapanRadioNetwork)のキーステーション。記事や番組内容、オンエア楽曲、最新イベント・グッズ情報などのコンテンツを毎日更新中!!
ちきゅうラジオ - NHK
『ちきゅうラジオ』は、世界中のリスナーからのEメールやFAX、手紙を紹介する、地球規模の双方向番組です。日本国内にはラジオ第1放送、海外にはNHKワールド・ラジオ日本(短波)を通して、全世界に同時生放送しています。
浜美枝のいつかあなたと

執筆・監修

ホップの里からビールの里へ VISION BOOK|BrewingTono 醸造する町 |岩手県遠野市|note
ビールの里プロジェクトに取り組むメンバーへのインタビュー。ホップの里からビールの里へVISIONBOOKを特別にWEB配信します。
あなたのしらない、おいしいビール
「地ビール解禁」から早20年、今や「クラフトビール」が世をにぎわせ、コンビニで珍しいビールが並び、ビール専門店が急増してきました。見慣れない銘柄があふれかえる中、ビールのプロであるビアライター・ビアソムリエの富江弘幸さんによる連載がスタートです!「とりあえずビール派」の方はもちろん、ワイン派・ウイスキー派の方にも、常識...
客の回転率は業界トップクラス。『ANOTHER8』の店舗設計とその哲学とは
ガレージを改装して作られた、クラフトビールと日本酒をカジュアルに楽しめる空間、『ANOTHER8』。坪売上・回転率が都内でも業界トップクラスだという同店の本間浩揮氏にその戦略を聞いた。
大衆食堂『ウエトミ』の“なんでもあり”戦略。柔軟性ある経営でオンリーワンの存在に
2017年、代々木八幡駅近くにオープンした『ウエトミ』は、柔軟性のある経営戦略で地元の人から愛される人気店へとたちまち成長。その人気の秘密を探った。
ビールの旬はいつ?日本産ホップなら収穫したてを醸造できて香りが抜群! | 和樂web 日本文化の入り口マガジン
突然ですが、ビールの旬はいつだと思いますか? 大辞林第三版で「旬」という言葉を調べてみると次のように書いてあります。 しゅん【旬】 ① 魚介類・野菜などの、味のよい食べ頃の時期。出盛りの時期。 「 -の野菜」 ② 物事を行うのに最適の時期。 これを見ると、やっぱりビールの旬は夏! と思われるかもしれません。しかし、あえ...
燻製を武器にしたブルーパブで躍進。『Smoke Beer Factory』のコンセプトメイク術
ここ数年のクラフトビール人気もあり、ブルーパブが徐々に増加。そのため、いかに他店と差別化を図るか、そのコンセプト作りが重要になってきている。今回は、東京都内で『Smoke Beer Factory』3店舗を展開する株式会社スモークビアファクトリー代表取締役社長の山崎健太氏に店のコンセプト設計について話を聞いた。
「初めて知る」から、「自分でつくる」まで。ビールの面白さを体感する『KIRIN BEER SALON』をはじめます|KIRIN
ビールが食卓の風景になった昭和から、発泡酒や新ジャンルが存在感を強めた平成を経て、個性豊かなクラフトビールが次々と生まれている令和の時代。 ビールは「とりあえず!」で頼むものから、自分の好みを見つけ、造られた背景を知り、それを丸ごと味わうものになりつつあります。 ビールが新しい局面を迎える中で、その面白さをもっと知...
東京 デートにおすすめ|レッツエンジョイ東京
話題のイベントや人気のスポット・施設やお店を紹介。おでかけに詳しい編集部による記事や季節の特集から楽しみ方を発見できます。
タイトルとURLをコピーしました