ドライホッピングで香りを引き出したヱビス ホップドリップ!

ヱビス ホップドリップ ビール

ヱビスブランドの新ライン「CREATIVE BREW」で2023年12月19日から発売された、「ヱビス ホップドリップ」を飲んでみました。「ヱビス ホップドリップ」はセブン&アイグループ限定で、ヱビスブランドで初めてドライホッピングを行ったビールだそうです。

ドライホッピングとは、簡単にいうと発酵工程以降でホップを漬け込んで香りを引き出す製法のこと。通常は発酵前の麦汁の段階でホップを添加し、苦味と香りを付けます。それに加えて発酵時にホップを漬け込んだことで、より香りを引き出したということです。いわゆるクラフトビールでは、IPAなどを造るときによく使われる製法ですね。

「ヱビス ホップドリップ」の味わいは?

ヱビス ホップドリップ

さて、その「ヱビス ホップドリップ」の香りはというと…IPAのような強い香りに慣れてしまっていると、それほどでもないと思うかもしれません。香りの強さだけみるとさほど強くはないのですが、バランスを考えるとちょうどいいバランスを保った香りのように感じられます。柑橘系というよりはフラワリーだったりハーブ的だったりする感じ。

飲んでみると、甘味と酸味が適度にあるのでかすかにオレンジっぽいフルーティーさも感じられます。もう少し香りが強くてもいいかな…とも思ったのですが、これくらいがちょうどいいのかもしれません。

「ヱビス ホップドリップ」の商品情報

ヱビス ホップドリップ

ヱビス ホップドリップ
原材料:麦芽、ホップ
アルコール度数:5.5%

投稿者プロフィール

ビールライター。1975年東京生まれ。法政大学社会学部社会学科卒業。卒業後は出版社・編集プロダクションでライター・編集者として雑誌・書籍の制作に携わる。その後、中国留学を経て、英字新聞社ジャパンタイムズに勤務。現在はウェブ、紙を問わずさまざまな媒体で記事を執筆している。日本ビアジャーナリスト協会のビアジャーナリストアカデミー講師も務める。著書に『教養としてのビール』(SBクリエイティブ、サイエンス・アイ新書)など。

富江弘幸をフォローする
ビール日本
富江弘幸をフォローする
地域とビールとブログと
タイトルとURLをコピーしました