アザーハーフのDDHフォーエバーエバー!きれいなヘイジーセッションIPA

#今日のビール はアザーハーフDDHフォーエバーエバー

アザーハーフというブルワリーのビールはマニア垂涎という印象がありながら、意外とその情報が入ってこないという感じで、実はそんなに詳しくないのです。インポーターのウェブサイトでもしっかり書かれていないので、あまり情報がないんですよね。

ちょっとだけ調べてみました。

アザーハーフは2014年にニューヨークで創業。自分たちが飲みたいビールを造るという目的のもと、ビール業界の「アザーハーフ」となることをビジョンとしています。ちなみにアザーハーフとは、直訳すれば残りの半分ということですが、配偶者や親友といった意味もあります。

飲んでみたいと思いながらなかなか飲む機会がありませんでしたが、今回入手できたので飲んでみました。ヘイジーセッションIPAのDDHフォーエバーエバー

DDHフォーエバーエバーの味わいは

アザーハーフ フォーエバーエバー

DDHフォーエバーエバーを扱っているECサイトでは、ホップにアマリロ、アザッカ、シトラ、モザイク、エニグマ使用していると書いてあります。しっかり調べきれていないのですが、DDHフォーエバーエバーはこのようなホップ構成で、DDHではないフォーエバーエバーはアポロ、アザッカ、シトラ、ジャリロー、モザイクを使っているようですね。

フォーエバーエバーも輸入されているのかわかりませんが、今回飲んだのはDDHフォーエバーエバー。そして、アザーハーフの公式サイトを見ると、エニグマはDDHのセカンドドライホップで使用されているようです。

飲み比べてみたいなと思いつつもなかなか難しそうですが、とりあえずはこのDDHフォーエバーエバーを味わってみます。

セッションIPAということで、4.7%とアルコール度数が低めになっているので、気分的にはライトな感じで飲めますね。雑味のないきれいなフルーティーフレーバーで、どんどん進んでしまいます。軽さもある味わいながらも、ジューシーさもあって大満足。

かなりレベルの高い味わいだなと思いましたね。ほかの銘柄も飲んでみたい。きれいな味わいのビールです。

商品情報

アザーハーフ フォーエバーエバー

DDHフォーエバーエバー
原材料:麦芽、ホップ
アルコール度数:4.7%